歯のヤニ取り

iQOS(アイコス)で歯にヤニの黄ばみが付くことがあるのか?口臭や歯周病への影響についても

紙タバコに比べて有害な成分が大幅に削減されたといわれているiQOS(アイコス)。
そのため健康による害が減っていると言われています。

それなら、ヤニによる歯の黄ばみは全く心配いらないか?口臭や歯周病についてはどうなの?といったiQOS(アイコス)が与える歯への影響について気になる方もいるでしょう。
結果から言うとアイコスによって歯は黄ばみにくくなり、口内環境は劇的に改善します。

今回はそんな口内環境が改善するメカニズムについて紹介します。

後半ではせっかく歯が黄ばみにくくなったのなら、これを機会に歯を白くしたいという方向けに歯についたヤニを落とすホワイトニングの方法も紹介するので興味のある方は目を通してみてください。

タバコのヤニを落とす専用のホワイトニング製品を見てみる

iQOS(アイコス)で歯は黄ばむ?

そもそも歯がタバコで黄ばむのはタバコの成分のタール(通称ヤニ)が歯の表面に付いてしまうことによるものです。

アイコスにはニコチンが含まれていますが、火を使うわけではないのでタバコを燃やした時に発生する有害物質のタールはほとんど含まれていません。

なのでタールが歯についてしまう心配はなく、歯は黄ばみにくいと言われています。ただ、タールが0な訳ではないので全く黄ばまなくなるという訳ではありません。

歯周病の心配もいらない

なぜかアイコスに変えてから歯茎の調子がおかしくなって歯周病を疑う人がいますが、それはアイコスが悪いのではなく、これまで吸ってきたタバコに原因があります。

タバコにはタールが含まれており、そのタールの有害物質が原因で歯茎が弱った状態になり、歯周病を進行させています。

それがアイコスに変えるとタールがない状態になり、歯茎が痛み出したり血が出たりすることで変化を感じて歯茎が弱っていたことに気づくという訳です。
つまり、アイコスに変えたからではなくタバコを辞めたことで歯周病のような症状が出たのですね。

iQOS(アイコス)に変えたなら、歯を白くホワイトニングすることを検討すると良いでしょう

歯は人の印象を左右します。歯の色が違うだけで恋愛、就職、婚活、ビジネス、生活の中でガラリと印象を変えるようです。

せっかくiQOS(アイコス)に変えたのなら、これから歯が黄ばむ心配がなくなったので、これを機会に歯を白くして自分の印象を良くしましょう。

ヤニを取る専用のホワイトニング製品の使用が効果大

手軽に在宅で実践できて効果が期待できるのがヤニを取る専用のホワイトニング製品を使用することです。

ランキング形式で効果的なホワイトニング製品を紹介します。


はははのは公式サイトを見てみる

市販の歯磨き粉のように研磨剤が入っておらず、植物由来のオーガニック成分が歯を白くするのが特徴。

タバコの吸いすぎによって元々の歯が黄色かった喫煙者の方が使用して2ヶ月程でヤニによる黄ばみが取れ真っ白な歯になれました。

→効果があるのか試した体験記

薬用ちゅらトゥースホワイトニング公式サイトを見てみる

PAA(ポリアスパラギン酸)という科学的な成分が歯についた汚れを落とします。

使用してみると黄ばんでいた歯黄ばんでいた歯が若干薄くなったのを実感しました。

口臭歯周病虫歯予防にも効果があるようなので口の中を健康に保ちたい人なら使ってみる価値があるでしょう。

プレミアムブラントゥース公式サイトを見てみる

ココナッツオイルなど植物由来の成分が歯を白くします。

1ヶ月という短い期間だったので効果は感じませんでしたが、長く使い続けることで効果を感じられるようになるのかもしれません。

1位のはははのはを試してみると


はははのは公式サイトを見てみる

一日40本以上を12年近く吸う喫煙者だった筆者が2ヶ月程、毎日の食後3回に使用してみた。

製品はこのような透明のジェル状になっています。
いつもやっている歯磨き後にこれを使って磨きます。

製品を使用する前と2ヶ月後の写真です。
歯の裏、表ともヤニによる黄ばみが取れて真っ白になっていることが分かります。

最初はこんなホワイトニング剤で本当に歯が白くなるの?と疑問に思ってましたが、実際に白くできたので、なんだか毎日が明るくなったのを感じています。

歯の黄ばみをホワイトニング剤で白くできた分かったメリット・デメリット

2つのメリット

1、クリニックより安く歯を白くできる

かかる費用
オフィスホワイトニング 30,000円~100,000円程度(一般歯科)
10,000円~30,000円程度(ホワイトニング専門歯科)
自宅でのホワイトニング 4960円(ホワイトニング剤2本分)

歯医者などに通って行うホワイトニングは最低でも1万円はかかりますし、約1回~4回という通院が必要です。

その点、自宅で行うホワイトニング剤を使った方法は通院が必要ありませんし、費用も4960円と割安です!

2、再び黄色くなったら、いつでもまた白くできる

歯が白くなった後、紙タバコよりは進行が遅いといってもアイコスを吸っていれば3〜6か月すれば黄ばみはどうしても出てきてしまいます。

そんな時に、クリニックでのホワイトニングの場合は再度、通院する必要があります、しかし、自宅で行うホワイトニング剤を使った方法はいつでも自分がホワイトニングしようと思ったときに使うことが可能です。

2つのデメリット

1、ある程度は続けないと白くならない

当たり前の話ですが一回、ホワイトニング剤を使った程度では歯は白くなりません。1ヶ月は使い続けることでホワイトニング効果が実感できます。

それと1日1回より2回、3回とやった方が早く歯が綺麗になっていくのが実感できます。

私は最初の頃、1日1回寝る前に使っていただけでしたが、朝、昼、夜の3回に変えることで随分と白くなっていったことを実感しました。やはり、日中のアイコスで若干黄色くなってしまうのでこまめに使うのが良いでしょう。

2、口臭は完全になくならない

はははのはを使って磨くと磨いたときには口臭がマシになりますが、しばらくすると「う〜ん」とアイコス特有の燻したような臭いが気になってしまうのが正直な感想です。

それでも、使わないよりは臭いは弱いです。

まとめ

アイコスはタールが含まれていないために歯が黄色くなりにくいです。
それだけではなく、歯周病や歯茎の腫れの心配もほぼないと言われています。

アイコスを吸い始めて歯が黄色くなりにくくなったら、今度は歯のヤニを取ってホワイトニングして自分磨きをしてみては。
日々の生活が少し明るくなるかもしれません。