歯のヤニ取り

【検証レビュー】歯の黄ばみ・ヤニ取りに効果がある人気のホワイトニング歯磨き粉ランキング

歯がすぐにできる歯磨き粉があれば使って簡単に歯を白くしたい!というのは、歯を白くしたい方の望みだと思います。

今回は「コーヒ、カレーなどによって歯が黄ばんだ」「タバコをよく吸うからヤニを取りたい」という方に効果があって人気のホワイトニング歯磨き粉をランキング形式で紹介します。

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

ランキング紹介の前にホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時に特に気をつけたい3つのポイントを紹介します。

  1. 市販の歯磨き粉は基本的に歯を白くしない
  2. 研磨剤を使っていないものを選ぶ
  3. 発泡剤を使っていないものを選ぶ

1.市販の歯磨き粉は基本的に歯を白くしない

ドラッグストアで1000円 以下で購入できる歯磨き粉で、歯が白くできると謳っているものがありますが基本的に歯を白くすることはできないと思った方が良いです。

なぜなら、それらの歯磨き粉は歯についた汚れをクリーニングして綺麗に保つことはあっても、歯の黄ばみまでは落とす成分が入っていないためです。

本当に歯を白くしたいなら、市販の歯磨き粉の購入は控えた方が良いでしょう。

2.研磨剤を使っていないものを選ぶ

研磨剤入りの歯磨き粉は強く磨きすぎてしまうので、歯の表面を傷つけてしまいます。

傷ついた表面から汚れが染み付いたりした結果、さらに黄ばみがひどくなる口臭の原因になることになりかねません。

研磨剤入りの歯磨き粉も市販のものに多いです。

購入する前に成分表示をしっかりと確かめた方が良いでしょう。

3.発泡剤を使っていないものを選ぶ

発泡剤は口の中で泡立つことで汚れを落とす手助けをするのに、入っている成分です。

ただ、この発泡剤によって「泡立ったから、しっかり磨けたな」と勘違いをして十分に歯が磨けてないにも関わらず、歯磨きを終えてしまう人が多いです。

そんな発泡剤に騙されないためにも、できるだけ発泡剤を入っていないものを使うようにしましょう。

【特に人気急上昇で注目のホワイトニング製品】

ランキングに入る前に、最近発売が開始されて間もないために使っている方が少なく人気ランキングには載ってませんが、人気急上昇で注目のホワイトニング製品を紹介します。

はははのは

はははのは公式サイトを見てみる

ホワイトニング効果
費用
1980円(定期購入のみだが、1回だけの購入で解約可能)
研磨剤 なし

はははのは」は製薬会社と共同で開発されたホワイトニング製品です。

歯科医が勧めている理由はポリリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウムという歯の黄ばみを分解するのに有効な成分が入っていることです。

2つの成分によって確実に歯を白くして、短時間で綺麗な白い歯にすることができます。

こちらが、「はははのは」のペーストです。色は透明で、味は柑橘系の爽やかな風味です。

実際に磨いてみると、発泡剤など含まれてないので泡立つことがなく長く磨いていられます。

磨き終わりは歯がツルツルになります!

写真のような白い歯にしてくれると人気の製品なので、これから紹介するホワイトニング製品で思ったような効果が得られないという方でも、使ってみるとホワイトニング効果が実感できるでしょう。

まだ、発売されて間もない製品ですが30〜50代女性が選ぶホワイトニング製品のNo.1だったりと使用者の満足度も高い製品です。

歯の黄ばみ・ヤニ取りに効果がある人気のホワイトニング歯磨き粉ランキング

1位 アパガード・プレミオ

APAGARD(アパガード) プレミオ 【医薬部外品】 100g

APAGARD(アパガード) プレミオ 【医薬部外品】 100g

1,173円(06/19 05:34時点)
Amazonの情報を掲載しています
ホワイトニング効果
費用
研磨剤 なし

株式会社サンギHPより

薬用ハイドロキシアパタイトという成分が、歯についた歯垢を綺麗に除去して元の白い歯に戻し、さらに着色の付きにくい歯にしてくれます。

つまり、歯についた汚れを取りながら、汚れがつきにくい歯にしてくれるので白く虫歯にも強い歯にしてくれます。

アパガード・プレミオアパガードは、このような白いペースト状です。

実際に磨いてみると泡立ちはなく、味も薄いので長く磨いていられます。

若干、ザラザラした感じがあったので汚れは取れているような気はしました。

長く使うことで、歯医者でやるホワイトニングのようにキラキラした白い歯ではなく自然な白い歯にしてくれます。

APAGARD(アパガード) スモーキン 【医薬部外品】 100g

APAGARD(アパガード) スモーキン 【医薬部外品】 100g

980円(06/19 05:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

そんなに目立つ違いはありませんが、アパガードにはもう一つ人気のスモーキンというシリーズがあります。

プレミオは白くする作用と虫歯予防効果が重視のシリーズスモーキンはタバコのヤニ、お茶などの着色除去が重視のシリーズになります。

黄ばみが気になるから早めに落としたいという方はスモーキンをオススメします。

2位 Dr.オーラル ホワイトニングパウダー

ホワイトニング効果
費用
研磨剤 なし

卵殻アパタイトという卵の殻を原料にして製造された成分によって、コーヒーなどの着色汚れを分解してくれます。

この卵殻アパタイトという成分はペースト状ではなく、粉末状にした方が凝縮して配合できるので粉末状になっているそうです。

Dr.オーラル ホワイトニングパウダー粉状だから特別な使い方をする訳ではなく、歯磨きを粉につけて磨くだけといつもの歯磨き粉のように使います。

使う前は「粉っぽいかな?」「ザラザラした感じがあるかな?」と心配してましたが、実際にはそんなことはありません。

口の中の唾液で粉が溶けてくれるので少し濃いめの歯磨き粉で歯を磨いている感覚になります。

3位 ルシェロ歯磨き

GC ルシェロ歯磨きペースト ホワイト 100g 1本

GC ルシェロ歯磨きペースト ホワイト 100g 1本

1,458円(06/19 05:34時点)
Amazonの情報を掲載しています
ホワイトニング効果
費用
研磨剤 なし

小さい粒子(清掃剤)が歯についたステイン(汚れ)をとってくれます。

タバコのヤニ汚れも溶かして除去してくれます。

なので、歯の黄ばみをどうしても落としたい方にオススメです。

実際に磨いてみると、泡立ちが全くありません。味は濃いミントで少し塩っぽいです。

いつも歯磨きにつけている量だと、あまり磨けている感覚がなかったので多めにつけるのが良いなと思いました。

上位2つには劣りますが、市販の歯磨き粉に比べると良いなという評価でした。

海外製で人気のホワイトニング歯磨き粉

海外製ホワイトニング歯磨き粉の特徴
  • 強力なホワイトニング成分が配合
  • 味が日本人向きでないので使いにくい
  • ものによっては高額

海外製のものは、日本製のものよりも歯を白くするための強力な成分が配合しているのが特徴です。

強力な成分が配合しているからといって体に害があるということはありませんが、ものによっては高額なものがあります。

なので、上記で紹介したホワイトニング効果の高い日本製のもので十分に歯は白くできるので気になったら使ってみる程度で良いでしょう。

アメリカ製ホワイトニング歯磨き粉:スーパースマイル

ホワイトニング効果
費用
研磨剤 なし

歯科医でも販売しているところもあるスーパースマイルはホワイトニングの本場、アメリカの製品です。

いくつか種類はありますが、こちらのオリジナルミントが一番人気があって定番のものです。

味は塩っぽい味で、はっきり言ってマズイです。

確かに、磨いたあとは歯がツルツルになって綺麗になった気はしましたが、味がマズイので長く磨いていられませんでした。

時間にして30秒ほどで磨くのをやめてしまいました。

タイ製ホワイトニング歯磨き粉:デンティス

デンティス エチケット ハミガキ粉 100g

デンティス エチケット ハミガキ粉 100g

1,002円(06/19 11:57時点)
Amazonの情報を掲載しています
ホワイトニング効果
費用
研磨剤 なし

タイのお土産で鉄板人気のデンティスは、実は日本のAmazonでも購入できるホワイトニング歯磨き粉です。

目覚めてすぐKiss出来る」という宣伝の通り、前の日の夜に歯を磨けば翌朝の口臭が気にならないという製品です。

ホワイトニング効果があるかは微妙ですが使った方の口コミには、実際に白くなったという口コミも見られます。

デンティス実際に磨いてみると、強いミントの味がします。ミントが苦手な方は使いにくいかもしれません。

宣伝通り、確かに口臭は全然なくなるのを感じましたが、磨き終わりの歯の感じは市販の歯磨き粉と変わらない気がしました。

口臭効果がメインでホワイトニング効果はあったら良いなという感覚で購入するのならオススメできる製品でしょう。

まとめ

ホワイトニング製品の中には歯が白くなると謳っているにも関わらず、全然白くならないものがあります。

ですが、今回紹介したホワイトニング製品はどれも歯が白くなる効果の高いものばかりです。

製品によって使い心地が違うので、色々なものを使ってみるのが良いでしょう。

紹介した中でも特にはははのははホワイトニング効果の高いものだと実感できたので、興味のある方は一度、使ってみて効果を実感してみると良いでしょう。